Metaverse, NFTs, Web3 And Virtual Land In The Sandbox

web3 ebook free
web3

Table of Contents

The metaverse – it’s the word of the moment – but beyond it being a huge money-making opportunity, there are lots of different ideas about what it actually is. The term web3 is closely linked to various ideas of what the metaverse will be and is used to describe what many are calling a decentralized web. In this vision of the digital future, users themselves are, theoretically, in control of their own virtual realm.

Metaverse, NFTs, Web3 And Virtual Land In The Sandbox
Metaverse, NFTs, Web3 And Virtual Land In The SandboxADOBE STOCK

One man who shares this vision is Sebastien Borget, co-founder and COO of The SandboxSAND2 -2.4%, a decentralized, community-driven platform that’s considered to be one of the most advanced metaverse platforms that exists so far.

Sandbox launched around ten years ago as a simple mobile game with a grand ambition. Today, it is partnered with celebrities, global entertainment brands, and finance industry giants as it continues its evolution into a truly persistent virtual world. Snoop Dogg has made his online home on the platform, and just this month, new collaborations were announced with Lionsgate Studios and Mastercard

So, what does Borget – undeniably one of the pioneers of the concept – think the metaverse actually is?

“For us, metaverse is really this myriad of worlds,” he tells me during our recent webinar conversation, “that users can experience through an avatar that becomes a 3D representation of themselves.”

These avatars are the key to unlocking “all sorts of new experiences … more creative, more immersive, unlike what we’ve seen before with traditional virtual worlds, where users can already socialize … here, what’s important is the ability of users to truly own their own identity, own their own belongings, digital assets, virtual land, houses … and are able to move that identity from one world to another without being constrained.”

Avatars and NFTs

The idea of identity is central to the persistent nature of virtual worlds and is a big part of what makes them different from, for example, existing social media sites, video games, online chatrooms, or online courses. All of these “traditional” digital environments contain elements that will undoubtedly be present in the metaverse, such as the ability to socialize, play and learn collaboratively. True metaverse platforms, however, will bring all of these elements together and allow users to bring their digital identity with them as they move between activities and environments.

“There will be millions of virtual worlds, places where users can take their avatars,” Borget continues. “What’s important is this ability to move from one to another while … keeping all their content they create in one and using it in others.”

He refers to this as “interoperability of assets.” This will be achieved in The Sandbox, and possibly other metaverse platforms, through the use of non-fungible tokens (NFTs). These are blockchain-based tokens that can be assigned to assets – for example, an avatar, an item of virtual clothing, or even a virtual plot of land or house – to give them the quality of uniqueness due to the fact that no two NFTs are identical.

Virtual Land and Jobs

Just as is the case in the real world, the amount of land available in The Sandbox is limited. The virtual world is split up into thousands of parcels of land, of which around 70 percent have already been sold to 21,000 landowners. The smallest plots that are available, measuring roughly 100 meters by 100 meters, currently trade for around $1,000, but their value on the resale market varies dramatically. Larger plots and those in proximity to “prestigious” neighborhoods (such as Snoop’s mansion or the Walking Dead land) fetch a premium. The most expensive piece of land sold so far went for $4.5 million.

As well as living in the metaverse and building houses there, Borget believes that in the future, we will even have jobs and earn money there – jobs that do not yet exist in the “real world.”

“Being a player can be a job,” he tells me.

“You don’t need to be the best performing player in the world like in eSports … where only the top one percent of players will be successful and make money.

“Here, as you play, all the content you collect in-game … as you complete quests … you earn digital content … NFTs … you can choose to hold it, use it in another game, or sell it in a marketplace … people can earn income through their active engagement.”

Decentralized Digital Democracy

Decentralized Autonomous Organizations (DAOs) are a concept that has emerged hand-in-hand with the development of web3 ecosystems. These are collectives that are governed by rules set down in smart contracts and enshrined in blockchains. Eventually, they could form the basis of regulation and government in online worlds, with all stakeholders – be that owners of cryptocurrencies like SAND (the Sandbox token), landowners, or just simply users – entitled to have their say in how a metaverse environment is run.

Borget says, “The goal and aim of The Sandbox is that within three to five years, it will be fully decentralized, meaning players will own 100 percent of the land on the map … [and] us, the platform, will just be minor actors, minor ownership … meaning we can have in place the DAO where the value stakeholders of the platform – landowners, players, SANDowners – can participate and engage with the key decisions that will make the world evolve.”

Worlds like The Sandbox will, eventually, be almost entirely built and managed by the users. The platform is currently heading into what it calls “Season 3”, which it hopes will consist of over 100 different “experiences” – most of which will be designed, developed, and run by the community members and brands that have made it their home.

“By the end of the year, the goal is that publishing will be open … so anyone can launch an experience,” says Borget.

“What I love is, we are making it global, diverse, and culturally rich. So we’re attached to bringing brands and content not just from the US but from various regions of the world … you will find a French area, Dubai, Bollywood, the [Korean] K-verse.”

The Future of the Metaverse

It can be argued that The Sandbox, along with other truly decentralized platforms like DecentralandMANA -3.3% and Somnium Space, is leading the way in creating virtual environments that will realize the true value of web3. It’s clear to see that life is becoming increasingly digital and virtual, and as time passes, we’re likely to find ourselves spending even more time in online worlds than we do today. At the same time, those words will become even more immersive, entertaining, and addictive.

This undoubtedly leaves many of us feeling uneasy at the prospect of the owners of big, centralized platforms taking even more control of our lives than they have already. The alternative vision of the digital future could provide a remedy for this – although there are clearly challenges still to be overcome around privacy, safety, and inclusiveness.

You can click here to watch my conversation with Sebastien Borget, co-founder and COO of The Sandbox, in full.

To stay on top of the latest on the web3 and wider business and tech trends, make sure to subscribe to my newsletter and have a look at my new book Business Trends in Practice.

You can also follow me on TwitterLinkedIn, and YouTube. And don’t forget to check out my website.

いちばんやさしいWeb3の教本 人気講師が教えるNFT、DAO、DeFiが織りなす新世界

著者田上 智裕 (著)

新しい経済圏を作るトークンエコノミー、金融サービスを変革するDeFi、DAOで実現する新しい自律分散型組織、ブロックチェーンの仕組み…。Web3の基礎知識を、具体的な事例

メタバースとは?

メタバースとは?

経営者

メタバースについてざっくりと教えて!

メタバースとは「仮想世界」のことを意味しますが、その意味は抽象的で、わかりにくいと思われることが多いです。

しかし、こう聞くとピンとくる方もいるかもしれません。

コロナ禍で世間を賑わせた「あつまれ どうぶつの森」略して「あつ森」。「あつ森」は個性豊かなどうぶつたちと、新たな住民として引っ越してきた「あなた」が生活するひとつのメタバースです。

つまりメタバースとは、現実世界に体がありながらも、仮想空間で「あなた」が行動できる空間のことです。

<<あわせて読みたい>>

マーク・ザッカーバーグの人物像とは?最年少の億万長者の成功の秘密や批判の背景を解説

メタバースの語源

メタバースの語源

メタバースという言葉は、ニール・スティーヴンスンの著書『スノウ・クラッシュ』の舞台、人間がアバターを介してネット空間でやり取りをする世界からきているとされています。

「Meta」と「Universe」から形成される「Metaverse(メタバース)」は、その英語の意味通り、現在とは違う次元の世界を指します。

<<あわせて読みたい>>

TSMCとは?設備投資額は1兆円!?日本に新工場を建設する理由や強みを解説!

メタバースの具体例

メタバースの意味は抽象的ですが、以下の例を考えてみるとわかりやすいのではないでしょうか。

  • SAO(ソードアート・オンライン)
  • サマーウォーズ

SAOことソードアート・オンラインは原作がライトノベルの作品です。

その人気ぶりからアニメ化、そして映画化までされた作品であり、ゲームをしている人ならコラボで見たことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

SAOは地球に住んでいる主人公たちが、ある日ソードアートオンラインというゲームをプレイするためにVRを装着した結果、意識が別世界に飛ばされてしまいます。

体は現実世界にありながらも、意識は別世界に飛んでいる例として、わかりやすいメタバースです。

また、細田守監督の作品『サマーウォーズ』も同様にメタバースです。

インターネット上の仮想空間OZでは自分のアバターを作成し、仮想空間上で全てのインフラの支払いが済んでしまう世界で、現実世界をより快適にするものとして親しんで使われています。

つまり、メタバースはこのように、実体は現実にありながらも、仮想世界を楽しめる空間を指しています。

こうした新技術が今まさに誕生しているからこそ、世界が注目しているのです。

専門家

<<あわせて読みたい>>

【VR元年】VRの概要や「AR」「MR」との違い、VR活用事例、今後の展望を一挙に解説

メタバースとブロックチェーンの関連性

メタバースとブロックチェーンの関連性

「ブロックチェーン」もまたわかりにくい言葉ですが、実はメタバースとブロックチェーンとは深い関わりがあります。

ブロックチェーンとは、各ネット上の取引を相互に監視しあうことでデータの改ざんをしづらくする仕組みのことです。

こうしたデータの改ざんを防ぐブロックチェーンを活用することで、唯一無二のコピーされないデータ(NFT)を作成することができます。

NFTとは作者や所有者の情報をデジタルデータに付与できる技術のことです。

例えば、本来であればデータは複製できるもので、どれがオリジナルのデータなのかを証明することは現在難しいとされています。

ただし、NFT技術を用いてデジタルデータにオリジナルの情報を追加すれば、デジタルデータを代替性のない資産として扱えるようになります。

もちろん絵画のように、偽物は出回ることはあるかもしれませんが、作成者の元データが付与されているのはオリジナルの作品だけです。

そしてメタバース空間の土地や建物も同様に、NFTの技術を用いることで資産化することができます。こうした技術が発展したおかげで、NFTによるビジネスが日本のみならず海外でも活発化しています。 

<<あわせて読みたい>>

ブロックチェーンとは?技術の仕組みをわかりやすく解説

メタバースの利用例

メタバースの利用例

漫画やアニメ、小説などでは馴染みのあるメタバースですが、実際に私たちの周りでメタバースはどのように利用されているのでしょうか。

ここからはメタバースの利用例をわかりやすく解説します。

  • オンライン会議
  • ゲームでの利用
  • バーチャルライブ

それぞれについて詳しく解説します。

オンライン会議

メタバースの技術はオンライン会議で使われています。

今までのZOOMなどと異なり、メタバースでは自身が仮想空間にアバターなどの姿で赴き、そこで話し合いをするようになります。

VRなどを装着すれば、仮想空間にいるはずなのに目の前にはパソコンが置いてあり、そのパソコンの操作もできるようになります。

VR空間を利用することで、あたかも同僚と隣で仕事をしているような気分になれます。

経営者

このようにメタバースをオンライン会議で利用することで、現実世界の職場で働いているような感覚を得ることができます。

ゲームでの利用

ゲームにおいてもメタバースは活用されています。

いわゆるオープンフィールドと言われるゲーム世界においては、ロード時間が削減され、自身が操作するキャラクターがゲーム世界を歩き回ります。

かつてはゲームの活動範囲の狭かったフィールドが、現在ではとても広くなっているのが特徴です。

バーチャルライブ

ゲームでの利用と似ていますが、バーチャルライブでもメタバースが活用されることがあります。

今までの3Dでのライブの場合には、あくまでもそのライブ空間をまるで現実世界のように見れるというメリットがありましたが、同じ空間・時間を共有している「共感覚」はありませんでした。

しかし、メタバースを活用すると「共感覚」を楽しむことができます。

例えば「フォートナイト」というゲームではメタバースを活用し、同ゲーム内でEDMのコンサートを実施しています。

※EDMとは、Electronic Dance Musicの略で、電子音楽のことです。シンセサイザーやシーケンサー等を用いて演奏されます。

コンサートでは過去にEDMアーティスト「marshmello」なども参加しており、多くの人々がメタバース上でライブを楽しみました。

このように、メタバースを活用することで臨場感のあるリアルタイムの「ライブ」を楽しむことができるようになります。

<<あわせて読みたい>>

DXとは?デジタルトランスフォーメーションをわかりやすく解説【なぜDXと略すの?】

メタバースのメリット

メタバースのメリット

経営者

これ以上の技術革新って必要なのかな?

私たちの身の回りには、既に便利なものが溢れているため、これ以上の新技術などは不要と思われている方もいるかもしれません。

そんな中、メタバースが注目を集めている理由は以下の2点です。

  • オンラインでの接触
  • メタバースによる新しいビジネスの実現

それぞれわかりやすく解説します。

オンラインでの接触

今まで難しいと言われていた、オンラインでの接触がメタバースで可能になります。

例えば、ZOOMなどのウェブ会議システムでは、若干の間や身振り手振りが見えないという障害がありました。

また、若干の間による気まずさや、誰が話していいのかわからないといった問題で、オフラインでの会議と比べると生産性が落ちることが多々ありました。

こうした問題をメタバースでは解決できます。

例えばVR技術と掛け合わせれば、まるで相手が目の前にいて話している空間が構築されますので、接触空間で会議をしている感覚を味わえます。

メタバースによる新しいビジネスの実現

メタバースにより、新しいビジネスが実現します。

NFT作品などは、OpenSeaなどのNFTプラットフォームを活用して販売をするのが一般的ですが、自身で作成したメタバース上でも販売ができるようになれば、顧客との会話による値段交渉などが可能になります。

購入をする側も、オンラインで購入を検討しているのにもかかわらず、メタバース上ではオフラインで話を進めている感覚を味わうことができます。

専門家

<<あわせて読みたい>>

NVIDIAは何が凄い?株価15倍の強さの秘密や自動運転システムの開発を行う理由を解説

メタバースのデメリット、注意点

メタバースのデメリット、注意点

メタバースの革新性は高く、今後ますますメタバースは広がっていく可能性があります。

一方で、解消する必要があるデメリットや注意点はまだ残されています。そこでここからは、メタバースのデメリットと注意点を以下3つ解説します。

  • VRの準備が面倒
  • メタバース空間への依存
  • ウォレットの脆弱性

それぞれわかりやすく解説します。

VRの準備が面倒

VRを活用するメタバースの場合、VRの準備が面倒という声が上がっています。

特にZ世代からは、わざわざメタバース上で交流をする必要性が不明だという声も上がっており、普段のオンライン会議とメタバース会議の棲み分けを明確にする必要がありそうです。

メタバース空間への依存

メタバース空間に依存する可能性があるのもデメリットです。メタバースは没入感が高いため、「一度その空間にハマってしまうとなかなか抜け出せない」という指摘もされています。

常にメタバースに入り込み、どちらが現実かわからなくなってしまわないよう注意が必要です。

ウォレットの脆弱性

ウォレットの脆弱性についても注意する必要があります。OpenSeaを通してNFTを購入する際や、ゲーム内での仮想通貨を使用する際は、現在「ウォレット」と呼ばれる仮想の財布を使う必要があります。

ただし、今までにウォレットはハッキングの対象となったことがあり、事実仮想通貨を盗まれてしまった事件も過去発生しています。

利用者の注意不足が問題のケースもありますが、中には適切に使用していたのにもかかわらずウォレットの中身が盗まれてしまったこともあるため、よりセキュリティに留意したウォレットのバージョンアップが必要になるかもしれません。

<<あわせて読みたい>>

半導体とは?その仕組みや歴史、メーカーを解説

身近にあるメタバース

身近にあるメタバース

メタバースはもう少し先のものかと思う方がいるかもしれませんが、事実私たちの周りには既にメタバースを活用したテクノロジーが溢れています。

そこで、先ほど説明したメタバースの具体例を以下解説します。

フォートナイト

フォートナイトのプレイ動画をTouTubeで見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。フォートナイトはエピック社によって構築されたゲームで、オンラインの対戦、自分だけの島づくり、ライブのコンサートなどを楽しむことができます。

フォートナイトの世界はまさにメタバース空間だと言われており、今後もさらなるアップデートが期待されます。

Decentraland

Decentraland(ディセントラランド)もメタバースを構築しています。

Decentralanのゲームの世界には広大な土地が広がっており、その土地自体を購入、あるいは既に購入されている土地を賃貸で借りることで、土地上でサービスの提供が可能です。

実際、以下のサービスが提供されています。

  • アバターのコスチュームの販売
  • NFTアートの販売
  • ゲームができるスペースを設置し、利用料を徴求

こうした技術を支えているのはLAND、ESTATEなどのNFTトークンです。

Decentralandの運営はMAMA(Decentralandのネイティブトークン)の所有者によってなされており、MAMAの所有率が高いほど、Decentralandにおける運営の意思決定に深く関われる特徴があります。

Horizon Workrooms

Meta社(Facebook)の傘下であるOculusが開発したのがメタバースの会議システムがHorizon Workroomsです。

VR空間で最大16人が参加できる本システムでは、VR空間上に自身がアバターとなって入り込み、そこでディスカッションができます。

今までのオンライン会議システムは、奥行きや幅がありませんでした。

あくまでも、画面上に写っている人がコミュニケーションをするシステムでしかないため、画面で繋がっていたとしても、どこか遠くにいる感が否めなかったのです。

上記の問題を解決するのがHorizon Workroomsです。本サービスの利用にはVRマスクなどの付帯品が必要になりますが、装備を揃えてHorizon Workroomsに入れば目の前に広がるのは会議室。

横を見れば同僚がいて、目の前には操作ができるパソコンがあり、司会役はホワイトボードに文字を書くことができます。

あたかも自身がそこにいるかのように感じることができる本空間は、よりクリエイティブな対話をするのに向いており、今までの雑談と同じように相手の動作がリアルタイムでアバターに反映されます。

現在はまだβ版でしかないため、改善の余地はありますが、オンライン会議のあり方が少しずつ変わってくるかもしれません。

専門家

<<あわせて読みたい>>

GAFAとは?注目の理由や規制強化の背景などを解説

メタバースの投資事情

メタバースの投資事情

世界からメタバースへの注目が集まる中で、世界の投資家たちはこの状況をどのように見ているのでしょうか。

ここからは、メタバースの投資事情をわかりやすく解説します。

メタバース関連銘柄に期待が集まる

メタバースの関連銘柄には現在注目が集まっています。

その理由として挙げられるのがメタバースの年平均成長率です。

カナダの調査会社エマージェン・リサーチによると、今後メタバース市場の規模は2028年までの年平均成長率43%ほどで推移していくと見ています。

注目が集まっている企業例としては以下が挙げられます。

  • メタ・プラットフォームズ(Meta Platforms,Inc)
  • エピック・ゲームズ(Epic Games,Inc)
  • エヌビディア(NVIDIA Corporation)

今のところは日本国内の企業というよりかは、世界のメタバース事業に焦点が当てられていますが、今後は日本企業に対しても注目が集まる可能性があります。

例えば、ソーシャルゲームで有名なGREEは、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」を運営していますが、今後同事業をメタバース事業として取り扱うとの表明をしています。

この他にもNTTやKDDIなどのキャリア会社でもメタバースへの参入が進んでおり、国内のメタバース事業にも今後期待できそうです。

Sandを筆頭とする仮想通貨の価格の上昇

Sandとはdecentralandと同様、メタバースのゲーム「The Sandbox」で利用される仮想通貨のことです。

ゲーム内で購入した土地や装備、作成したアイテムをNFTマーケットプレイスに出品することができます。

Sandの価格は2021年1月時点では3〜5円のレンジを行き来していましたが、2021年3月には90円代までその価格を上昇させ、2021年11月時点では500円にタッチ、NFTトークンとしてSandが誕生してから最大値を達成しました。

今後の値動きはまだ見えませんが、今後Sandの利用者が増加すると、さらにSandの価格が上昇する可能性があります。

Sandなどのメタバース関連仮想通貨は「メタバース」が注目されるとわかりやすく値が動くため、仮想通貨への参入を検討しているのであれば、他の関連銘柄であるMANA、イーサリアムなどもチェックしておくとよいでしょう。

<<あわせて読みたい>>

FinTech(フィンテック)とは?関連する日本企業や気になる今後、活用分野について解説

注意:メタバースは法律が未整備

Metaverse %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%86%E3%82%99%E3%82%B5%E3%82%99%E3%82%A4%E3%83%B3 2022 03 09T194258.292

現在メタバースは少しずつ認知を集めていますが、まだまだ課題が多く残っています。

その際たる例が「法律の問題」です。

例えば、メタバース上で私たちは建築物を建てることができますが、そこに建築基準法は適応されません。

また、日本の民法は原則、物理的な「もの」にしかその対象範囲を定めていないため「所有権」がメタバース上では認められません。

このため、仮にメタバース上で唯一無二の「デジタルデータ」、NFTが盗まれてしまった場合にはその返還を求めるのが難しいのです。

経済産業省は2021年7月に、企業が「メタバース」に参入する際の法的な問題を「仮想空間の今後の可能性と諸課題に関する調査分析事業」にまとめましたが、法的リスクがまとめられているだけで、具体的な解決策は明示されていません。

このため、メタバースを運営する企業に「ユーザーが安心して使える仕組みづくり」が求められていますが、メタバース運営企業の中にはスタートアップ企業も多く、上記の問題を全て解決することは難しいのが実情です。

参考:令和2年度コンテンツ海外展開促進事業(仮想空間の今後の可能性と諸課題に関する調査分析事業) | 経済産業省

まとめ メタバースについて

まとめ メタバースについて

本記事ではメタバースをわかりやすく解説しました。今後メタバースの市場は成長をする見込みですが、必ずしも成長するとは限りません。

ただし、各社がメタバースに力を入れ始めたフェーズにあり、今後市場が盛り上がる蓋然性は高いでしょう。

メタバースはただのゲームなどの娯楽ではなく、ビジネスとしても活用できるため、ビジネスパーソンはメタバースの動向を追うことをおすすめします。

<<あわせて読みたい>>

シンギュラリティとは?人工知能が人間を超えるのはいつか?

Web3.0銘柄オススメ8選!将来有望な仮想通貨を3つの選び方から分析して調査

仮想通貨Web3.0銘柄オススメ8選!将来有望な仮想通貨を3つの選び方から分析して調査

ブロックチェーン技術を活用した新しいインターネット構造「Web3.0」。

ビットコインやイーサリアムなど、世界的に有名な仮想通貨のほとんどは、ブロックチェーンの技術を利用してプロジェクトを進めています。

そのため、将来性が高く注目している人も少なくありません。

この記事では、Web3.0に関連する仮想通貨銘柄と特徴、将来性について解説していきます

  • Web3.0に関連する仮想通貨銘柄を解説
  • 特徴、将来性についても徹底解説
  • Web3.0に関するよくある質問回答も紹介
  • 気になる仮想通貨銘柄を購入するなら「仮想通貨取引所」が必要
  • 人気の取引所は「2022年上半期ダウンロードNO.1」のコインチェック
  • web3.0銘柄を購入するなら「コインチェック」がおすすめ
Metaverse 609db90577e120666ae5d90cde8901d0

\アプリDL数3年連続No.1!/

コインチェックの詳細を見る

⇒コインチェック公式サイトへ

目次 

そもそも「Web3.0」とは?

Metaverse kelly sikkema L2s78Afcu74 unsplash

どのような経緯でWeb3.0が誕生したのかを知ることで、ブロックチェーンの重要性や理解度がグッと高まります

まずは、Web3.0が誕生するまでのインターネットの歴史について知っておきましょう。

Web1.0:ホームページ時代

一般的に「Web1.0」は、1989年から2000年代初頭までの期間を指します

イギリスの科学者ティム・バーナーズ=リー博士が発明した「WorldWideWeb」を利用したインターネット構造で、まさにインターネットの黎明期です。

HTMLを基礎として構築されており、できることはサイトの閲覧や簡単なチャットのみでした。

現在のように常にインターネットに接続されている訳ではなく、利便性はあまり高くはありません

そのため日常生活でインターネットを利用する人は、ほとんどいませんでした。

Web2.0:SNS・クラウド時代

「Web2.0」は、2000年代初頭〜現在までの期間を指します

この時期では、ADSLや光回線が普及したことで、Web1.0の時代よりも回線速度や安定性が飛躍的に向上しました。

また、スマートフォンが登場したことにより、日常生活でインターネットを利用することが当たり前の時代になりました

Web1.0の時代と比べて利便性は大きく進歩しましたが、Web2.0には重大な問題点があります。

それは、インターネット上の個人情報がGAFAM(Google・Amazon・Facebook・Apple・Microsoft)に集中していることです。

一部の企業が情報や財力を持ち過ぎていることが問題視され、大きなブームメントになりました。

Web3.0:ブロックチェーン時代

Web2.0の問題点を解決するために登場したのが「Web3.0」で、最大の特徴は個人情報を自分自身で管理できることです

ブロックチェーンの登場により実現した技術で、今後は特定の企業に力が集中し過ぎることがなくなると言われています

しかし、ブロックチェーンは最近できた技術で、「Web3.0」という概念自体あまり浸透していません。

まだまだ日常生活で恩恵を受ける状況は少ないですが、世界中の企業がブロックチェーンを活用したプロジェクトを進めています。

Web3.0が登場した背景

Metaverse blockchain gdbe3d0fc4 1920

Web2.0の時代ではインターネットが爆発的に普及して、それに伴い多くのサービスが誕生しました。

しかし、Web2.0の時代に誕生したサービスの多くは、プラットフォームを提供している企業にユーザーの個人情報が集中する仕組みになっています。

便利なサービスが続々と登場するなかで、個人情報の流出やデータの利用方法への疑念など、大きな問題が発生しました

また、意図的に検索結果から削除される「シャドウバン」や、アカウントの停止や削除など、プラットフォーム側がコンテンツを完全にコントロールできる状況もユーザーの大きなストレスです。

そもそも「Web 3.0」は、データの独占・改ざん・使用方法などの問題点を解決するために生まれた概念です。

ブロックチェーン技術を活用したサービスでは、アップロードしたデータが改ざんされる心配もありません

決済方法や個人間送金のときに仮想通貨を用いれば、プラットフォーム側へのマージンも大きく削減できます。

このようにWeb3.0時代は、Web2.0の問題を解決する方向に向かっています。

Web3.0銘柄の選び方

Metaverse austin distel EMPZ7yRZoGw unsplash 1

Web3.0に関連するプロジェクトは、最近になって爆発的に増加しています。

まだまだ発展途中の技術なので、大きなリターンに期待して「最新テクノロジーのWeb 3.0銘柄が欲しい」と考えている人も多いでしょう。

ここからは、WEb 3.0に関連する仮想通貨の選び方を解説していきます。

※本記事で紹介する「Web 3.0銘柄」とは、Web 3.0に関連する企業の株ではなく、Web 3.0に関連する仮想通貨のことを指します。

最新テクノロジーとの親和性で選ぶ

Web3.0銘柄を選ぶなら、メタバースやNFTなど、最新テクノロジーとの親和性は必ず確認しておきましょう

メタバースやNFTなどの最新テクノロジーは、Web 3.0の概念を基に開発されていることが少なくありません。

最新テクノロジーとの親和性を確認するためには、出資してくれている企業が重要な指標となります。

メタバースやNFTなどの関連企業から出資を受けている仮想通貨は今後、飛躍的な成長を遂げる可能性があるでしょう。

信用性・技術力で選ぶ

Web 3.0は最近できた概念なので、堅実な投資先ではありません。

そのため、信用性や技術力で選ぶ方法もオススメです

仮想通貨の信用性を確認する方法は簡単で、大手取引所に上場しているかどうかです。

もちろん、それだけで判断するのは危険ですが、大手取引所は審査も厳しいため、重要な指標となります

また、プロジェクトごとに発行されている「ホワイトペーパー」を見れば、技術力を確認できます。

ホワイトペーパーとはプロジェクトの企画書やロードマップのようなもので、予定通りに開発が進んでいれば技術力が高い証拠です。

他の仮想通貨が持っていない独自性で選ぶ

現在世界に流通している仮想通貨の数は、数千種類と言われており正確な数字は測定できていません

それぞれの仮想通貨にプロジェクトが存在しており、ありきたりな仮想通貨はすぐに埋もれてしまうでしょう。

数多くある銘柄のなかで価値を伸ばしていくのは、他の仮想通貨が持っていない独自性が必要になります

しかし、仮想通貨の機能や特徴をそれぞれ比較するのは、専門的な知識が必要になるため簡単ではありません。

以下に続く「Web 3.0銘柄オススメ8選」では、基本的な特徴やそれぞれの独自性を詳しく解説しています。

銘柄選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

Web3.0銘柄オススメ8選【2022年9月最新版】

Metaverse cryptocurrency g5e0b49d3a 1920

それでは次に、数多くあるWeb 3.0に関連した仮想通貨の銘柄を厳選して紹介していきます。

1.BAT(ベーシックアテンショントークン)

Metaverse %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88 2022 10 03 10.09.33

BATの公式サイトへ

シンボルBAT
発行上限15億枚
価格¥44.44(2022年9月現在)
時価総額¥66,576,099,156(2022年9月現在)
時価総額ランキング75位(2022年9月現在)
取引できる主な取引所ビットフライヤー
公式サイトhttps://basicattentiontoken.org/ja/

ベーシックアテンショントークンは、ウェブブラウザ「Brave」のプロジェクトです

「Brave」では、ブラウザ上に表示される広告を自由にユーザーが調整できます。

最大の特徴は、視聴した広告の回数によって、報酬としてBATをもらえることです

広告を視聴するだけで報酬が獲得できるため、世界的に人気が広がっており、日本でも話題になっています。

BATを受け取る方法は、「Brave」とビットフライヤーを連携するだけです。

それ以外の方法では、資金決済法上の関係からBATではなく、BATポイントとして配布されます。

BATポイントは換金することができず、使い道が限られているので、Braveを使う人は注意しておきましょう。

2.FIL(ファイルコイン)

Metaverse %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88 2022 10 05 10.23.11 removebg preview

FILの公式サイトへ

シンボルFIL
発行上限なし
価格¥805.45(2022年9月現在)
時価総額¥234,769,206,482(2022年9月現在)
時価総額ランキング34位(2022年9月現在)
取引できる主な取引所Binance
公式サイトhttps://filecoin.io/

ファイルコインは分散型のストレージサービスで、2020年から正式にリリースされました

世界中にあるデバイスの空き容量を、ユーザー同士で利用しあえるという画期的なサービスで注目を集めています。

中央管理者のいないP2P型のプロジェクトで、他のユーザーに空き容量を提供することで「FIL」を獲得できる仕組みです

利用者数の増加がユーザーの利便性に直結するため、ネットワークの拡大が成長の鍵となるでしょう。

急激な下落と高騰を経験している仮想通貨なので、購入するタイミングによっては大きく損する可能性もあります。

3.ICP(インターネットコンピュータ)

Metaverse %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88 2022 10 05 10.19.48 removebg preview

ICPの公式サイトへ

シンボルICP
発行上限469,213,678枚
価格¥870.74(2022年9月現在)
時価総額¥228,068,023,102(2022年9月現在)
時価総額ランキング35位(2022年9月現在)
取引できる主な取引所Binance
公式サイトhttps://dfinity.org/

インターネットコンピュータは、分散型クラウドサービスの開発を進めているプロジェクト「Dfinity」のなかで利用されている仮想通貨です

Dfinityでは、GoogleやAmazonが提供しているクラウドサービスに、ブロックチェーン技術を組み合わせようとしています。

このプロジェクトが完成すれば、ブロックチェーンのセキュリティ耐性と透明性から、安定したサービスを無制限でユーザーは利用できるでしょう

クラウドサービスに支払っている月額料金がなくなるため、ユーザーからの期待値も高まっています。

しかし、完成にはまだ時間が必要になるため、価格が安定しているわけではありません。

4.ENS(イーサリアム・ネーム・サービス)

Metaverse %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88 2022 10 05 10.23.39

ENSの公式サイトへ

シンボルENS
発行上限20,244,862枚
価格¥1,959.21(2022年9月現在)
時価総額¥39,900,074,634(2022年9月現在)
時価総額ランキング115位(2022年9月現在)
取引できる主な取引所Binance
公式サイトhttps://ens.domains/

イーサリアム・ネーム・サービスは、イーサリアムのブロックチェーンを利用したネーミングサービスです

仮想通貨の送金や決済時に発行されるアドレス(英数字42桁で構築されるパスワードのようなもの)を短く覚えやすい文字列に変換してくれます。

ランダムの英数字42桁のアドレスは覚えづらく、送金時の入力ミスを防ぐための確認が非常に手間でした

汎用性も高いため、将来的に国内取引所へ上場する可能性も十分に考えられます。

5.BTT(ビットトレント)

Metaverse %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88 2022 10 03 10.14.10

BTTの公式サイトへ

シンボルBTT
発行上限9,900億枚
価格¥0.0001137(2022年9月現在)
時価総額¥106,902,035,133(2022年9月現在)
時価総額ランキング57位(2022年9月現在)
取引できる主な取引所HitBTC
公式サイトhttps://www.bittorrent.com/token/btt/

ビットトレントは、TRON Foundationが保有しているブロックチェーン上で、データを共有できるサービスです

ユーザーはデータをアップロードすることで「BTT」をもらえて、「BTT」を支払うことで優先的にダウンロードできる仕組みになっています

双方にメリットのあるサービスで、利用者は徐々に増加しています。

6.DOT(ポルカドット)

Metaverse %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88 2022 10 05 10.24.08 removebg preview

DOTの公式サイトへ

シンボルDOT
発行上限10億7,000枚
価格¥923.83(2022年9月現在)
時価総額¥1,035,493,812,598(2022年9月現在)
時価総額ランキング11位(2022年9月現在)
取引できる主な取引所コインチェック
公式サイトhttps://polkadot.network/

ポルカドットは、スイスの財団「Web3 Foundation」が2016年から提供している仮想通貨です。

プロジェクトの目的は、異なるブロックチェーンをつなぐ「インターオペラビリティ(相互運用性)」の実現です

異なるブロックチェーンを使っている場合、仮想通貨の取引をするためには必ず取引所を利用しなくてはいけません。

しかし、ポルカドットのインターオペラビリティが実現すれば、関連性のないブロックチェーン同士でも安全にやり取りができるようになります

また、ブロックチェーンのフレームワークを提供しており、一般人でも利用できます。

ポルカドットのプロジェクトは、ブロックチェーンの開発に大きく貢献しており、今後も利用価値は下がることはないでしょう

設立者はイーサリアム財団の元CTO「ギャビン・ウッド氏」なので信頼性も高く、時価総額ランキングは常に上位です。

7.JASMY(ジャスミー)

Metaverse %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88 2022 10 05 10.26.56 removebg preview

JASMYの公式サイトへ

シンボルJASMY
発行上限500億枚
価格¥1.01(2022年9月現在)
時価総額¥4,796,081,657(2022年9月現在)
時価総額ランキング444位(2022年9月現在)
取引できる主な取引所ビットポイント
公式サイトhttps://www.jasmy.co.jp/en.html

ジャスミーは、ブロックチェーン技術によって「データの民主化」を目指しているプロジェクトです

ジャスミーの掲げている「データの民主化」では、GAFAMに集中している個人情報をブロックチェーン上で管理できるように開発を進めています。

また、ジャスミーが発行している仮想通貨「JASMY」は、イーサリアム規格「ERC-20規格」がベースです。

日本で誕生した仮想通貨ということもあり、上場当時から注目されています

8.GRT(グラフ)

Metaverse %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88 2022 10 05 10.25.21

GRTの公式サイトへ

シンボルGRT
発行上限10億1300万枚枚
価格¥14.54(2022年9月現在)
時価総額¥100,319,646,622(2022年9月現在)
時価総額ランキング59位(2022年9月現在)
取引できる主な取引所Gate.io
公式サイトhttps://thegraph.com/en/

グラフは、検索エンジンにブロックチェーン技術を組み合わせたサービスです

Dapps開発者向けのプラットフォームで、アプリ内のブロックチェーンデータを簡単に検索できるようになりました。

グラフは検索ツールを提供していることから、ブロックチェーン業界の「Google」とも呼ばれています

しかし、グラフはGoogleと違い、ブロックチェーンを使った分散型のプラットフォームなので、セキュリティの強化やデータ処理速度の向上も実現しています。

海外では多くの取引に上場していますが、提供されたのは2020年末と比較的新しいサービスです。

Web3.0銘柄の将来性

Metaverse ethereum g4ac04a610 1920

ここからは、Web3.0銘柄の将来性について解説していきます。

Web3.0銘柄はブロックチェーン技術を取り入れているサービスやプロジェクトなので、仮想通貨との親和性が高い特徴があります

今後の価格変動を予測するために、以下2つのポイントを知っておきましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

個人情報を守る手段として世界中から注目されている

記事の前半でも解説した通り、Web2.0時代ではGAFAMなどの大手企業が、世界中の個人情報を管理しています

集めた個人情報でサービスの改善を繰り返しているため、ユーザーにとってメリットがないわけではありません。

しかし、個人情報の流出やプライバシー侵害の観点から、危機感を持ち始めた人が増加傾向にあります。

そのため、中央集権型で特定の個人や企業に管理されず、セキュリティにも信頼できるWeb 3.0銘柄が注目されています

今後も世間の個人情報に関する意識の高まりに比例して、Web 3.0時代は浸透していくことが予測されます。

メタバースやNFTの人気とともに需要が拡大する

Web3.0銘柄は、メタバースやNFTなどの最新テクノロジーの人気とともに、需要が拡大する可能性が高いでしょう。

メタバースやNFTはブロックチェーンを利用したテクノロジーで、Web3.0とは高い親和性があります。

そのため、メタバースやNFTにポジティブなニュースがあれば、Web3.0銘柄も価格上昇に期待できるでしょう

Web3.0銘柄に関するよくある質問

Metaverse tech daily ztYmIQecyH4 unsplash

それでは最後に、Web3.0銘柄に関するよくある質問について回答していきます。

それぞれ詳しく解説していきます。

Web3.0銘柄は国内取引所で購入できる?

Web3.0銘柄の仮想通貨は、国内取引所で購入できます

しかし、すべてのWeb3.0銘柄が購入できるわけではなく、あくまでも一部の仮想通貨のみです

「Web3.0銘柄オススメ8選」で紹介した中では、以下の3つが国内取引所に上場しています。

BAT(ベーシックアテンショントークン):ビットフライヤー

DOT(ポルカドット):コインチェック

JASMY(ジャスミー):ビットポイント

Web3.0銘柄は期待値が高く、将来的に国内取引所で取引される可能性は高いですが、現在は海外取引所でしか購入できない仮想通貨がほとんどです。

Web3.0銘柄に将来性はある?

Web3.0は、中央集権型でWeb2.0の問題を解決する仕組みになっています。

そのため、今後はインターネットの世界で覇権を握ることも十分に考えられるでしょう

「すべてのWeb3.0銘柄に将来性がある」と考えるのは極端ですが、Web3.0という概念自体は世界中から注目されています。

Web3.0銘柄の購入方法は?

ほとんどのWeb3.0銘柄は、海外の仮想通貨取引所を利用しなければいけません。

しかし、海外取引所は国内取引所と比べて使い勝手が悪く、初心者にはオススメできません

国内の大手取引所で購入するなら、コインチェックがオススメです。

コインチェックは取り扱い通貨が国内最多で、この記事でもオススメしているDOT(ポルカドット)も取り扱っています

Web3.0銘柄が気になっているのであれば、ぜひコインチェックを利用してみてください。

\アプリDL数3年連続No.1!/

コインチェックの詳細を見る

⇒コインチェック公式サイトへ

【まとめ】Web3.0銘柄

Metaverse tech daily CXklL5ca71w unsplash

この記事では、Web3.0に関連する仮想通貨銘柄と特徴、将来性について解説しました

ブロックチェーン技術の発達により到来した「Web3.0時代」。

特定のプラットフォームに依存しない中央集権型のサービスは、個人情報漏えいのリスク低下や手数料の削減など、ユーザーにとって大きなメリットがあります。

Web3.0時代が浸透するにつれて、価格も大きく上昇する可能性が高いでしょう。

しかし、Web3.0銘柄は発展途中なので、価格はまだまだ不安定です。

短期的な投資には向いていないため、余剰資金で購入することをオススメします。

Web3.0銘柄に投資するなら「仮想通貨取引所」の口座開設が必要です。

はじめての仮想通貨投資をするなら「2022年上半期ダウンロードNo.1」のコインチェックがおすすめ。

長期的な目線で積立投資から始めてみてはいかがでしょうか?

Alif Vasaya provides expertise in business strategy, community growth hacking, content production, content strategy, digital ads through acquisitions, raising capital, monetizing the Metaverse, NFT affiliate marketing, consulting, and marketing advising for start-up companies.Highly skilled and results-oriented professional with solid academic preparation holding a bachelor's degree in arts and extensive experience in digital marketing, content production, business transformation, and human resource. Proven ability to assess and manage complex obstacles; viewed as a decisive troubleshooter. Successful in intense and demanding environments, providing strong team leadership and structure with a track record of motivating and developing soldiers.

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here